PAGE TOP

ビジョン

クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく!

私たちはAWS(Amazon Web Services)に特化したインテグレーション事業とサービスの提供を行っている、クラウドインテグレーターです。
2009年よりAWSに特化したインテグレーション事業を開始し、AWSからもAdvanced Consulting Partnerに認定されるなど、この分野で先進的な取り組みを行っている企業として知られる存在になりつつあります。

先の東日本大震災では、震災後に過負荷でダウンしてしまった日本赤十字社のウェブサイトを、AWSを使って復旧。さらに3,200億円超の義援金を集めるシステムをわずか48時間で構築しました。これは、クラウドのもたらすスピードと高いセキュリティを両立した事例として広く知られるようになりました。

震災の折、多くの企業で「技術者がデータセンターに派遣される」ということが行われました。電車は止まり、タクシーによる移動もままならず、家族の安否もしれぬ状況でも、「サーバーの様子を見に行け」という会社からの命令が下ったのです。
私たちは、生活を豊かにし、よりよい社会を築くためにコンピューターを利用しているはずです。ところが、実際にはコンピューターの場所に私たちの活動がしばられ、コンピューターのお守りをするために企業の貴重な人材が割かれ、コンピューターにはエアコンを当てながら人間は節電の名の下汗だくで仕事をしているのが現状です。

日本赤十字社様のプロジェクトでは、シンガポールにシステムを立ち上げました。
東京にいながら、家に居ながらにして海外のデータセンターで3,200億円の義援金を管理する仕組みを構築したのです。
物理的な場所に関係なく、社会に必要なコンピューターシステムを迅速にデリバリーする。
これこそがクラウドの醍醐味だと、私は確信します。

コンピューターの場所にしばられず、所有による制限にしばられず、自由にコンピューターを使いこなす「クラウドというアイディア」をもっと世の中に広めたい。そして、より多くの企業がクラウドによって競争力が増し、そこではたらく社員のみなさんが「はたらきやすい環境になった」と喜んでいただける社会にしたい。
そんな想いを、「クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく」という言葉に込めました。

代表取締役 大石 良

このページをシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ戻る