PAGE TOP

環境・制度

制度

勤務制度

当社の定時は10:00~19:00ですが、グレードが上がると、裁量労働制が適用されます。

BYOD制度

BYOD(Bring your own device)とは、従業員が個人のPCやスマートフォン、タブレットなどを会社に持ち込み、業務で使うこと。エンジニアは自分自身でチューンアップした機器を使った方が仕事がしやすいのではないかと、この制度を導入しました。BYOD制度を利用する場合、手当も出ます。

研修制度

ビジネスパーソンとして必要な知識やスキルなど、自己啓発のための研修制度があります。また、技術的なスキルアップに関する制度についても、今後、整備していく予定です。入社直後には、自社の製品サービスについての説明はもちろん、創業から現在までどのように会社が成長してきたのかや今後の事業戦略から、社内システムや仕事の仕方、考え方に至るまでを、ご説明しますのでご安心ください。

住宅手当

勤続1年以上で、会社から徒歩30分圏内に住居を定め、会社に通勤手当を請求しない場合、一定の条件に従って、毎月2万円の住宅手当を支給します。この制度を適用し、会社の近くに住んでいる社員もたくさんいます。

環境

客先常駐ゼロ

お客様先に常駐して開発するというスタイルが多いように思われているこの業界ですが、私たちの会社ではそれは一切ありません。自社にきちんとノウハウが蓄積できるように、そして常に社員の働きやすい環境であり続けるために、これからもこの方針を変えるつもりはありません。

勉強会・イベント

自分たちの見聞を広げたり、技術力を向上させるために、勉強会などのイベントは実施しています。社外からお客様をお招きして、弊社社員が、最新の技術に関するプレゼンを行ったり、他社と合同でプレゼン大会を実施する事もあります。イベントや勉強会の後は楽しい懇親会も…!最新技術の情報交換、人脈を作る場を、会社としても積極的に用意しています。
また、バーベキュー大会、ボーリング大会、忘年会、内定者懇親会、新入社員歓迎会等のイベントなどもあります。

LT

LT(Lightning Talks)とは、10分程度のプレゼンテーションのこと。毎週金曜日の夕方、全社員が集まってLTを行っています。これからはエンジニアも営業も、プレゼンができなければならないとの考え方の下、各自の得意な技術についてや最近学んだこと、仕事の進め方のアイデア等、様々なテーマを掲げてプレゼンを行っています。プレゼンはUSTで配信(公開)、社外にいる社員はもちろん、社外の方でも見れるようにしています。毎週必ず2名がLTを行い、素晴らしい点はもちろん、今後修正した方が良い点などについて、様々なフィードバックをもらいます。そのフィードバックが、プレゼン力向上のポイントなのです。

社員旅行

毎年必ず、全社員が参加する社員旅行を実施しています。企画運営も、社員が行います。会社の方向性や今後の戦略について代表の大石が話し結束を固めるとともに、互いの普段の労をねぎらう機会。いつもとは異なる空間で、「この人ってこんな一面もあったんだ!」と新たな発見もあります。

リフレッシュルーム

ソファやテーブル、観葉植物が置かれたリフレッシュルーム。昼食時の利用はもちろん、ちょっとした休憩に使っています。社員の要望により、お昼寝をするスペースも設けました。今後は、さらに進化する予定とか…。

図書スペース

最新の技術やサービスを知るための投資は惜しみません。技術書の購入は会社が負担します。これまでに購入した書籍は図書スペースに置かれており、社内での閲覧はもちろん、いつでも借りることができます。

環境音

全社員が気持ちよく働けるために、社内の「音」にも気を配っています。科学的なデータなどから、自然の中の鳥の鳴き声や雨の音、滝の音、虫の鳴き声などの環境音をかけておくことが、集中して業務に当たるには良いということがわかりました。そこで、私たちは社内のBGMに環境音を取り入れています。

社内コミュニケーションツール

社内でのコミュニケーションを円滑かつ無駄なく行うために、社内用のTwitterであるYammerを採用、利用しています。福岡営業所や外出先の社員との密なコミュニケーションが、これによって実現しています。また、社内向けのWikiとして、Confluence などのツールも利用。資料やノウハウ、知識、ルールなど、私たちのビジネスを進めていく上で重要となるコンテンツの保存・共有はもちろん、Confluence内での議論を通して問題解決にあたるということもあります。その他、生産性を高めるためのツールや、お客様とのコミュニケーションツールなどもあります。これらのツールは、社員によって適宜見直すようにしています。

育児や介護と仕事の両立

現在、育児をしながらも仕事で活躍している社員が複数名います。お子さんが熱を出した時等は、上長と相談の上、場合によっては自宅で業務を行うことも。介護や育児のために、時短勤務を選択する社員もいます。まだまだ未整備の部分はたくさんありますが、大切な家族のためにも、社員一人ひとりにとって働きやすい環境を追求し続けて行きたい…。私たちはそう考え、社員の意見を吸い上げる機会を設けるなどの努力を、これからもし続けてまいります。

このページをシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ戻る