PAGE TOP

CEO大石からのメッセージ

クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく
――これが私たちのビジョンです。

大石 良

私たちはAWS(Amazon Web Services)に特化したインテグレーション事業とサービスの提供を行っている、クラウドインテグレーターです。

2009年より、AWSに特化したインテグレーション事業を開始しました。AWSからも Advanced Consulting Partnerに認定されるなど、この分野で先進的な取り組みを行っている企業として知られる存在になりつつあります。

先の東日本大震災では、震災後に過負荷でダウンしてしまった日本赤十字社のウェブサイトを、AWS を使って復旧、さらに3000億円超の義援金を集めるシステムをわずか 48時間で構築しました。これは、クラウドのもつスピードと高いセキュリティを両立した事例として、広く知られるようになりました。

この事例が知られるようになってから、企業の情報系システムだけでなく基幹系システムまでAWSに移管するなど、聖域のない大きなクラウド利用の波が押し寄せています。 当社でも、既に 100社を超える企業の AWS導入を支援。これからも大幅な増加が見込まれます。

震災の折、多くの企業で「技術者をデータセンターに派遣させる」ということが行われました。 電車は止まり、タクシーによる移動もままならず家族の安否もしれぬ状況下にも関わらず、「サーバーの様子を見に行け」という会社からの命令が下ったのです。

この状況が健全だと言えるでしょうか?
私たちは、自分たちの生活を豊かにし、よりよい社会を築くためにコンピューターを活用しているはずです。
ところが、実際にはコンピューターが存在する事によって私たちの活動がしばられ、コンピューターのお守りをするために企業の貴重な人材が多数割かれているのです。

私たちは、違います。

日本赤十字社様への支援では、シンガポールにシステムを立ち上げました。
東京にいながら、家に居ながらにしてシンガポールで 3,200 億円の義援金を管理する仕組みを構築したのです。
これこそがクラウドの醍醐味だと、私は確信します。

これからも、AWS による企業システムのイノベーションは加速する一方です。
私たちは、より多くの企業に AWS という素晴らしいクラウドを使ってもらい、企業の競争力を高め、そこではたらく社員のみなさん、そして私たちが「はたらきやすい環境」を創って行く。そんな想いで、この AWS というサービスを世の中に広めていきたいと願っています。

この想いに共感し、そして一緒にサーバーワークスという会社の未来を創ってくれる仲間を募集しています。

代表取締役 大石 良

このページをシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ戻る