メンバーインタビュー

丸山 麻衣子

プロジェクトマネージメント課 / 課長

サーバーワークスでのお仕事は?

プロジェクトマネジメントをしています。

サーバーワークスのプロジェクトマネージャーは、プロジェクトマネジメントができるだけでも、AWSを知っているだけでもダメ。私は過去に大規模開発の経験、アプリ開発の経験、エンドユーザー様とのやり取りも経験してきました。現在の仕事はこれまでの経験全てが活かせていると感じます。内容も単純な構築だけでなく、サーバーワークスが“これから提供できるもの”をつくることを一生懸命やっています。

おもしろいと感じる瞬間は?

こうすれば上手くいく!という勝ちパターンがないこと。

例えばあるお客様のプロジェクトで、AWSに基盤をつくってそこにどんどんシステムを移管するような案件がありました。プロジェクト数が膨大になっていく中、いつまでに何をするかの締め切りは次々と迫ってきます。その動かしようがないものをどう調整していくかがプロジェクトマネージャーの腕の見せ所!正解がないからこそおもしろいと感じます。この案件ではお客様から「最初はうまく進んでいなかったけど、丸山さんが入ることによって回るようになった」とお言葉をいただきました。

“丸山さんじゃないと”とお客様が指名してくださるお仕事が増えたことも嬉しいです。

プロジェクトマネージャーってむずかしそう…?

そんなことはないです。大事なことはバランス感覚!お客様と会社とチーム、それぞれのバランスをとり続けること。

実を言うと私はプロジェクトマネージャーであることにはこだわってなくて(笑)プロジェクトマネージャーという存在を必要としてくださるお客様に、提供できる事をし尽くしたいだけ。それをやるためなら立場にはこだわってないんです。

丸山 麻衣子

サーバーワークスのここがいい!どんなこと?

私たちが提供する価値にフォーカスした仕組みを、創ったり変えたりできる会社だということ。
その結果、全力でお客様の方をむいてお仕事ができるというのが大きい。モチベーションを高く保てるとパフォーマンスが上がるので、これはとても大切なことです。
社内がフリーアドレスだから人との距離を自分で選べたり、BYOD*で自分が気に入った端末で仕事ができるなどの制度も同じこと。小さなことですが、ストレスを溜めずモチベーションを保って仕事ができる環境を追求することができます。

*BYOD(Bring your own device)とは、従業員が個人のPCやスマートフォン、タブレットなどを会社に持ち込み、業務で使うこと。

今後やりたいことは?

今はエンタープライズ案件が多いですが、それをさらに強力にサポートできる体制をつくること。そのためには内部の強化が必要です。
お客様が自分を指名してくださることは嬉しいし個人的な満足度は高いのですが、会社としてはそれはNG。仕組み化しないといけない。それに今後取り組んでいきたいと思います。

私たちと一緒に
働きませんか?

募集要項はこちら