メンバーインタビュー

中嶋 麻衣子

法人営業課

サーバーワークス入社のきっかけ

就職活動の時に、モノを売るというよりはお客様の課題を解決するソリューション的な営業をやりたいと思っていました。
その時にサーバーワークスはどうですかと紹介されたのですが、もともと自分はITに強くなくやれるのか不安があったなかで、当時会社が掲げていた"分かりにくいITをわかりやすく提供しよう"というビジョンと、それを説明してくださった社長や社員の方の熱意が伝わってきて、こういう会社なら自分のやりたいことができると感じたので新卒採用の1期生として入社しました。

最初は上司についてもらわないとなかなか受注に結びつきませんでしたが、お客様のもとを何度も訪問したり、提案内容を同僚と試行錯誤して、初めて自分で受注できたときは嬉しかったです。

営業のおもしろさとは

サーバーワークスの営業のおもしろさは、パッケージの製品を売るのではなくて、お客様の課題を解決するためにAWSをどう設計し組み合わせていくかを考えて提案できること。営業なので売り上げを意識する一方で、ただ単に押売りや安売りをせずに、お客様にメリットがあるように次につながる価値のある提案をするようにしています。

会社の文化としても「いかに売り上げを上げるか」だけの追求ではなく、今の課題を解決することで今後につなげる考え方、提案の仕方になっていると思います。営業だけではなく会社全体がそういう考えなので、自分もそういう提案をしようと思える環境が良いですね。

中嶋 麻衣子

会社の特徴をおしえてください!

サーバーワークスは中途入社の方も多いですが、全体的に年次にこだわらない、というより気にしていない人が多く垣根がありません。中途入社の方は経験豊富な方が多いので、先に入社した人が教えるというのではなくて、お互いが持っているものを情報交換するという感覚です。

あとは、"まずは自分で考える"という習慣が身についています。話し合うときも、答えを求めるというよりは「自分はこうしたいと思うけど」という考えをそれぞれ持ったうえで話し合っています。

他にも、法人営業課は福岡や大阪、仙台で勤務しているメンバーもいるので一見コミュニケーションがとりにくいと思われるかもしれませんが、社内コミュニケーションツール(社内用のSNSであるslackなど)で日々会話ができるので離れている気がしません。WEBカメラを使ってリモート飲み会も実施しています(笑)。こうしたことも含め、最近社内で新しい制度や仕組みがうまれていますが、そういうことも役職者だけが考えるだけではなく、現場がこうしたほうがいいという声からうまれています。

今後やりたいことは?

今はインフラ部分の提案を主に行っていますが、インフラだけというよりは、さらにプラスアルファのサポートもできるようにしたいです。例えばAWS上で数値分析した結果をどのようにビジネスに活かしていくかという提案までやりたい。基盤をつくって終わりではなくて、次にそれをどう使うかに目を向けていきたいです。

営業としては、チームが働きやすい環境をつくる、一人一人のモチベーションをあげられるような施策をつくるといったマネジメントにも携わっていきたいと思っています。

私たちと一緒に
働きませんか?

募集要項はこちら