メンバーインタビュー

山田 雄大

技術2課

現在どんなお仕事をされていますか

エンジニアとしてAWSの導入を支援しています。

IT企業でエンジニアというと、サーバー構築やアプリケーション開発などの技術的な仕事をイメージされるかと思いますが、サーバーワークスでのエンジニアの仕事はもっと多岐にわたります。AWS上でのサーバーの構築はもちろん、お客様が求める要件を直接伺ったり、 AWSに関するレクチャーを行ったりするなど、お客様と接する仕事も多いですよ。

エンジニアの仕事のどこに魅力を感じていますか

いろいろなことにチャレンジでき、それをきっかけに自分の能力を伸ばせる点が魅力的です。

入社間もないころの私は人と話すことがとても苦手でした。そんな中、先輩からAWSのレクチャーをしてみないかといわれて引き受けることにしました。先輩のフォローを受けつつも、高い壁を乗り越えられたことが自信につながりました。
今もレクチャーをやらせていただく機会がありますが、そのころの経験があるからこそ人と話すことに対する苦手意識がなくなりましたし、楽しむ余裕ができました。

いろいろな仕事を若いうちから担当することが能力を伸ばす近道がと思います。それができる環境がサーバーワークスにはあります。

他にサーバーワークスのカルチャーで好きな点はありますか

残業をする社員が少ないのはいい点だと思います。
サーバーワークスは時間をしっかりとコントロールし定時で帰る社員が多く、終業時刻から1時間も過ぎるとオフィスはガラガラです。周りの人が定時で帰ると、自分も定時までに仕事が終わるよう計画を立てるようになるので、時間を意識して仕事ができるようになります。

山田 雄大

今後の仕事での目標を教えてください

サーバーの構築・運用のうち自動化できる部分は自動化し、社員が人間にしかできない仕事に集中できるようにしていきたいです。

最近、AWS上でのサーバーの立ち上げを自動化するスクリプトを書きました。それが社内で好評となり、皆さんに「山田スクリプト」と名付けられるに至りました。作業を自動化すると、人の手で作業する場合と比べてミスも減らせますので、お客様にとってのメリットも生まれます。
ただ、今回自動化できたのはエンジニアの仕事の中の一部に過ぎません。まだまだ自動化できる仕事はあるので、「山田スクリプト」も機能を拡張していきたいです。

仕事を自動化して時間を生みだしたら、山田さんはその時間を何に充てたいですか

AWSのサービスを勉強する時間に充てたいです。

AWSは常に進化していて、新しい機能やサービスを次々にリリースしています。これらの新しい機能について学ぶことで、エンジニアとしての仕事の幅が広がると考えています。
またレクチャーなどを通じてお客様ともその知識を共有していきたいですね。

私たちと一緒に
働きませんか?

募集要項はこちら