PAGE TOP

AWS導入支援 担当PMへのインタビュー

AWS導入支援担当PMへのインタビュー

サーバーワークスは企業の社内システム、基幹システムへの豊富なAWS導入実績を誇っています。
なぜ、今サーバーワークスが多くの企業から選択されているのか、実際にプロジェクトにかかわっているPMにインタビューする事によりその秘密を探ってみたいと思います。

サーバーワークスで、プロジェクトマネージメントを行っているクラウドコンサルティング部 プロジェクトマネージメントチームサブマネージャーの坂井田に話をしてもらいます。

インタビュー

現在担当している仕事について教えてください。

システム構成がある程度固まっている企業が「このような構成で構築したいがどうすれば良いか」という形で依頼して頂くケースが今まで多かったのですが、近年、より抽象的なご要望、例えば、「AWSを導入するとどんなメリットがあるのか、どのような改善が図れるのか」といったところから一緒に考えて欲しいといったお話を頂くことが多くなってきました。

そこで、我々のチームがプロジェクト管理の体制を組み、コンサルティングといった上流の工程からお客様に関わっていくことが多くなってきています。
私の部署ではコンサルティングから、要件定義、設計、構築フェーズのプロジェクト管理を行なっています。

大規模かつ中長期的なプロジェクトを担当されるケースが多いと聞きますが。

最近は、サーバーが何百台レベルの構成であるケースが増えてきています。さらに、サーバーが停止すると甚大な被害が生じるという、いわゆるミッションクリティカルなシステムのAWS移行案件も承っています。

こういった重要なシステムを扱うので、「設計」といっても良くあるパラメーターシートの作成だけでなく、「この設計をすることによってどのように業務が改善するのか」「なぜこの設計にするのか」といったところからお客様と一緒に検討を進めていきます。

例えば、現在ある大手企業のWebの基盤を構築しているのですが、現状の要求を満たす短期的なシステムではなく、将来的な拡張性も考慮してシステムを設計しています。お客様と信頼関係を築き、将来的な部分も見据えた提案・構築をしているのです。

最近は構築方法、お客様からの要望が変化していると?

以前はAWSの技術をすでに知っていて、先進的な技術を求めるベンチャー企業が小規模で短期的に導入したいという事で、構築を依頼されるケースが多くありました。つまり、お客様のやりたいことがある程度固まった比較的軽い案件を扱うので、我々としても手を動かせば良いという感じでした。

しかし、現在増えてきている案件は違います。

大企業がクラウドを採用するケースが年々増えており、システムの規模も大きくなってきています。システム全部をクラウドに持って行きたいと考える企業も多く、お客様の意識も変わってきていると感じています。
導入実績の多いサーバーワークスに声を掛けて頂き、サーバーワークスと一緒に考えてベストプラクティスを共有したいというお声を頂いています。

AWSのクラウドインテグレーションを行う企業は数多くありますが、サーバーワークスが選ばれている理由は何だと思いますか?

以前、サーバーワークスを選択した理由を企業にお聞きした事があります。当社のサービス紹介のWebページを読み込んでくださって、その実績やエンタープライズのシステムをきっちりと構築しそうだという印象を受けたそうです。
決して価格が安かったわけではなく(笑)

また、AWSは「未来を創造する」企業だと思っています。当社のビジョンである「クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく」も未来をよりよくするという点で、AWSと理念を同じくしていると自負しています。
そういった当社の理念に共感した企業が当社を選択して下さっているのではないでしょうか。

当社独自のプロジェクトの進め方、お客様にご満足頂いている特長的な点があれば是非教えて下さい。

プロジェクトの進め方がクラウド的で革新的だと思っています。
例えば、都度1つの会議室に集まってEXCEL等で進捗管理をするような企業が多い中で、当社は、BacklogというWeb上でプロジェクトを一元管理できるツールを使い、遠隔地からでも問題なくお互いにコミュニケーションをとれる仕組みを 整えています。
その事は提案書にも盛り込み、お客様に理解して頂いています。

さらに、エンタープライズのお客様に対してクラウド基盤設計でアジャイル開発アプローチを提案してるところも特徴的だと思います。おそらく、いまのところインフラ構築でアジャイル開発をしているのはサーバーワークスだけではないでしょうか?

エンタープライズのお客様はウォーターフォールモデルでの開発を行うケースが多いと思います。しかし、AWSは常に改善・変化していっているので、ウォーターフォールモデルには合わないと思っています。変化に強い開発手法としてアジャイル開発アプローチを取り入れています。

まず設計、検証しつつ実現性を探っています。サンプルを作成し、検証しながら構築してゆくので、完成時には実際に使えるシステムが構築できます。さらに、サンプルをお客様に見て頂きながら進められるので、お客様も安心ですし、プロジェクトもスムーズに進みます。

エンタープライズのお客様はウォーターフォールモデルでの開発が多いという事でしたが、それと全く異なったアプローチを提案することはお客様にネガティブな印象を持たれませんか?

我々がサポートさせて頂いている企業は、先進的な考えをお持ちのお客様が多いので、新しく、且つ、有益な提案であれば、すぐに受け入れて下さっている様に思います。

先ほども言いましたように、AWSは常にエンハンスメントが行われています。それを最大限に生かすために、お客様とは定例会を行って、影響のあるAWSの最新アップデートを報告しプロジェクトに反映させています。これもアジャイル開発のアプローチだからこそできる事です。

また、我々はスピード感も大切にしています。その為、会議の方法も工夫しています。事前に会議のアジェンダを送るのはもちろんですが、当日はそのアジェンダに沿って、画面を共有しながら議事録を作成します。同時にその場でBacklogに課題を追加し、打合せ終了直後からプロジェクトに取り組めるようにしています。
迅速なプロジェクトの進行とリアルタイムの情報共有も当社の魅力ではないかと思います。

その他当社独特のものはありますか?

先ほど紹介したプロジェクト管理ツールであるBacklogの所定の場所に設計書等のアウトプットを公開しています。打合せのその場で設計書を修正したり、作成途中もコンテンツをオープンにしているので、納品し終わってからその内容に誤りがあるという事はありません。

具体的には当社では設計書として以下のようなアウトプットがあります。

いずれも常にサービスの内容が進化しているというAWSの独特の方式を考慮して作成しています。つまり、設計の結果を記載するだけではなく、後から見てわかるように設計時点のAWSの環境がどうであったか、なぜその設計にしたかの理由も細かく記載します。
例えば、『なぜIPアドレスをそのように割り振ったか』といったことまで詳しく記載します。
AWSは日々進化しているので、今後アップデートする際に後から見てもその時の状況が理解できるように配慮しています。

【アウトップットの一例】

AWSネットワーク方式
セキュリティー方式
→ AWSの驚異・対策セキュリティーについて
運用方式
→ AWSの監視の仕方、障害発生時の復旧方法、バックアップとリストアの設計
ログの管理、構成管理
→ 構成管理をプログラムで自動取得
移行方式
→ エンタープライズのお客様はオンプレミスからの移行が多いため、移行の方式を説明
利用方針
→ AWSのサービスをどういう目的で使うのかを説明するもの
プロジェクトのアサインに関して何か当社の特長的な方法があれば教えて下さい。

AWSにはRedshiftKinesisなどの専門的なサービスがあります。当社でもそれぞれ専門部隊がいるので、案件に応じてスポット的にプロジェクトにプロフェッショナルを加えて進めることがあります。
基本のプロジェクト体制は組みますが、お客様の環境に合わせて柔軟性があるところも特長だと思います。

最後にサーバーワークスが提供する価値を教えてください。

常に改善・進化するとういAWSの考え方に則したプロジェクトの進め方を行い、お客様と共に将来を見据えたシステムの構築を行っています。サーバーワークスと一緒に企業のシステムを改革し、業務の改善をしたいと思っていただけるお客様であれば、必ずご満足いただけると思っています。

ありがとうございました。

サーバーワークスは、エンタープライズ企業のシステム、例えば、サーバーが停止すると甚大な被害が生じるような、いわゆるミッションクリティカルなシステムのAWS移行案件を得意としています。
また、お客様と共に業務の改善、システムの改善を将来を見据えて考えて行きたいと思っています。
我々に共感してくださるお客様と共に、システムを作ってゆきたいと思います。
是非、お問い合わせください。

このページをシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ戻る