羽柴 孝

今年入社7年目を迎えられました。
以前に比べ、サーバーワークスが実績でも技術的にも急成長していると実感されますか?

まず、2008年からAWSに取り組んでいることもありAWS導入実績についてはここ1-2年で急激に増えてきました。これはAWSの機能拡張や東京リージョン開設によるところもありますが、より早くから取り組みノウハウを貯めてきた結果、弊社への依頼案件も増えたのだと考えられ、確実に成長している実感はあります。
また、技術的な面では当社メンバーの成長もちろんですが、素晴らしい技術を持ったメンバーのジョインもあり全体的な技術力の底上げにつながっていると思います。

それは、クラウドコンピューティング市場、特にAmazonのクラウド(AWS)の注目が飛躍的に高まり
AWSを利用したサーバーワークスの開発技術も認められてきたからでしょうか?

はい、AWSのエバンジェリストとの連携、新技術習得へのバックアップやサポートなども大きいのですが当社の社内においても認められるよう今後も努力し続けていきたいと思います。

ちなみに羽柴部長ご自身はAWSのどこが(どのサービス)一番好きですか?理由は?

個人的にはAmazon VPCです。
ネットワーク設計が好きなので、セキュリティ要件に応じて対応できる柔軟さが素晴らしいです。

今後はAWSを利用した弊社の新サービスリリースの予定はありますか?
また、営業の立場で自社サービスの開発にアイデアを出したり、機能の改善の提案することはありますか?

はい、新サービスは常に考えていますので今後もリリースしていきます。
また当社では技術・営業の垣根は低く、どの職種であってもアイデア出し、新サービスや機能改善の提案を行っています。

今までに手がけたクラウド導入支援でこれまでに最も印象に残っている仕事を教えてください。

たくさんあります。特に半パブリックセクターの団体における会計システムの受注においては時代が変わると実感しました。
また、日本赤十字社の導入案件では実際に現場対応も行い、ハードでしたが無事にリリースできて本当によかったと思います。
今後もお客様の問題を解決でき、間接的に社会貢献につながることができればと思っています。

今までの質問を踏まえると、サーバーワークスの営業は単純なソリューション営業と違うと感じますが
なにか他社とは一線を引いているところありますか?

大きく違うことはないと思いますが、差をつけるとすれば技術知識です。これは単に機能説明に明るいというわけではなく、私たちの提供するソリューションは、お客さまのビジネス上における課題を解決するための技術知識が間違いなく必要で、それば営業メンバーにも徹底し、習得してもらっています。

日々の営業業務内容の中で何か一番得意でしょうか?

課題解決力は高くありたいと思います。このため先にあげた技術力を含む幅広い知識を身につけ、場合によってはAWSで解決でないときに、他の解決方法を提案できるようにありたいです。もちろんそんなことは殆どありませんが(笑)

前の質問の答えからすると、一緒に働きたいメンバーは必然的に常に技術において最新の情報を収集することが求められると思いますが部長自身どのようにされていますか?

日々勉強です。多方から情報を収集することを意識しています。本・雑誌・RSS・Twitter・Facebookなどのツールは全て情報の質が違いますので、偏らないように注意しています。

少数精鋭の営業チームですが、今度一緒に働いてみたいと思う人物像を教えてください。

まぁ正直言って私たちはまだまだこれからなので(笑)、まずは一緒に成長したい!と思ってくれる方と一緒に働きたいですね。 もちろん営業はお客さまに喜んでもらってなんぼですので、そこに喜びを感じる方であることは必須だと思います。