ネットプリントジャパン株式会社

”さらなる顧客満足度の向上の為に既存環境を見直しAWSに移行”

既存の環境をAWS化した事で、今まで発生していた負荷も耐えられる様になりました。
またエンジニアでも簡単に同じ環境を作る事が出来、テストや検証が容易になりました。

ネットプリントジャパン株式会社

http://netprint.co.jp/
本社所在地: 〒862-0967 熊本県熊本市南区流通団地1丁目26
設立: 2005年8月1日
事業内容:
1. インターネットプリント受注販売
2. 各モバイルアプリでのプリント受注販売
連絡先: 096-241-2591 (ネットプリントジャパン様向け業者様専用回線/土日祭日を除く10:00〜12:00、13:00〜17:00まで)
※ネットプリントジャパン様サイトのお客様でご利用に関するサポートはお電話では行っておりません。 ※ネットプリントジャパン様サイトでの技術的なサポート及びお問い合わせ全般は申し訳御座いませんがこちらよりメールにてお願い致します。

導入サービス

icon_support


導入の背景/バックグラウンド

ネットプリントジャパン株式会社(以下NPJ )ではデジタルプリント、フォトブック、ポストカードで写真ライフをサポートする事を業務の柱として展開しています。 創業41年の長い歴史の中で2005年からインターネットプリント受注販売と各モバイルアプリでのプリント受注販売 に特化したサービスを提供しており、スマートフォンの利用拡大とともに写真に現像する機会も増え、年々利用ユーザーも増大してきました。 2013年現在写真印刷の価格改革を続けており、国内幅広く多くのユーザーに利用されています。

年々増え続けるお客様の要望に応える為に、アプリの機能追加、サーバの増設を行なってきましたが、今後の更なる発展の為に既存環境を見直し、より規模拡大が可能な状況に転換する事が必要であると判断し移行先の検討を始めました。 色々探す中で初期コストを掛けずに規模拡大時にも即時にオンデマンドで増設可能なAmazon Web Servicesに出会い移行を決断しました。

課題

すべてのシステムを一度に移行するのは限られた時間内では難しいと判断し、移行が必須な箇所からのクラウド化を行ないました。その移行過程の中で言語/フレームワークのバージョンアップや、それに伴うバグ修正、機能追加などが行なわれました。アプリ改修を行なった開発提携会社、インフラを担当したサーバーワークス、NPJの三社が遠距離にあっても、SkypeやBitbucket等のクラウドサービスをフル活用し、常駐しなくてもコードの確認やサーバ構成の情報共有が出来る環境で作業を進めました。

メリット

NPJにおけるビジネスの拡大をしていく上で、AWSを使う事でサーバの増減が即時に可能である事、ユーザー側にインフラのストレスを感じさせずに済む事、今後のデータの永続保存などのサービス拡張の可能性などもAWSを選択したメリットとして挙げる事が出来ます。 またAWSの運用をサーバーワークスに任せることでNPJはインフラのお守りに追われることなく、より多くのユーザーに写真を現像してもらうというビジネスの基本に専念できるようになったといえます。

担当者のコメント

既存の環境をAWS化した事で、今まで発生していた負荷も耐えられる様になりました。またエンジニアでも簡単に同じ環境を作る事が出来、テストや検証が容易になりました。 現在の(直近の)課題は写真(画像データ)の取り扱いを行なっている為にデータ転送量が多く、如何に転送量に対するコストを削減できるような環境・アプリに改良していくのかです。


事例公開日:2013年
※所属組織、業務内容、写真、インタビュー内容は取材当時のものです。


この事例に関するお問い合わせ

こちらの事例に関するご相談・お問い合わせはこちらのフォームにて受け付けております。
送信後、2〜3営業日内に担当営業よりご回答差し上げます。
 * マークのついている項目は必須入力です。