【プレスリリース】サーバーワークス、リアライズの新規サービス「Data-Master」のインフラにAWSを採用した導入事例を公開

AWSプレミアコンサルティングパートナーの株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区 代表取締役:大石 良、以下「サーバーワークス」)は、データマネジメントを通じた企業・組織の情報活用力の強化を支援している株式会社リアライズ (本社:東京都江東区 社長:大西 浩史、以下 「リアライズ」)のAWS導入事例を公開いたしました。

リアライズは、新規サービス「Data-Master」(https://www.data-master.jp/)のインフラとしてAWSを採用いたしました。「Data-Master」は、部門ごとに分散している顧客データをAI 技術とシソーラスナレッジを融合し、クリーニング・マッチング処理を自動的かつ高速に行うサービスです。
サービスのAWSのインフラ設計、基本設定及び本版開発フェーズでのWAN構築支援をサーバーワークスが担当しました。

サーバーワークスの主な支援内容は以下です。

・初期フェーズのインフラ設計
・基本設定の進捗サポート
・セキュリティ要件に沿った設計と初期環境構築
・VPCによる社内とAWSのセキュアな通信
・Amazon S3の設定
・Amazon SQSの設定と開発
・AWS Identity and Access Management (IAM)による認証の設定・環境ご利用までの技術サポート
・AWSに関する技術情報の提供
・開発ベンダー向けCradlepoint NetCloud(旧Pertino、クラウド型WANサービス)の提案と導入支援

 

サーバーワークスでは、今後ともリアライズのよりよいサービス提供のために尽力してまいります。

 

 

■Data-Master™について
Data-Masterは、部門ごとに分散ししてきた顧客データをAIとシソーラスナレッジを融合させることでクリーニング・マッチング処理を自動的かつ高速に行うクラウドサービスです。

■株式会社サーバーワークスについて
サーバーワークスは、2008年よりAWSに特化したAWS導入支援サービスを提供しているクラウドインテグレーターです。2017年9月現在、570社、3,400プロジェクトを超えるAWS導入実績を誇っており、2014年10月よりAPN(AWS Partner Network(※1))の最上位パートナー「プレミアコンサルティングパートナー」に3年連続で認定されています。また、2016年11月には、APNのマネージドサービスプロバイダー(MSP)3.0プログラムを取得、2016年には移行コンピテンシーなど多くの資格を獲得し、AWS事業を継続的に拡大させております。

https://aws.amazon.com/partners/find/partnerdetails/?id=001E000000NaBHzIAN (英語

※1 APN(AWS Partner Network)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されております。

*本リリースに記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。
*アマゾン ウェブサービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
*本リリースの情報は発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社サーバーワークス
シェアードサービス部 マーケティングコミュニケーション課
担当 : 北上、鈴木
TEL  : 03-5579-8029
E-mail: marketing@serverworks.co.jp