2019.09.10 掲載

AWS障害回避のための対策をまとめたホワイトペーパーを公開しました

サーバーワークスは、2019年8月23日(金)にAWS東京リージョン(AP-NORTHEAST-1) で発生した障害を受け、障害の概要と今後ビジネスに影響を及ぼさないための対策をまとめたホワイトペーパーを公開いたしました。

■背景
東京リージョンの1つのアベイラビリティゾーンで発生した、制御システムの複合的な不具合によって、いくつかのAWSサービスが影響を受けました。
ECサイトやゲームを含む国内多数のサービスにも影響が生じ、クラウド利用に対する不安が広がりました。今回のような障害に備えるためには、提供しているサービスの稼働レベルを考慮した上で最適な構成を選ぶことが求められます。
当社はAWSのプレミアコンサルティングパートナーの視点で障害発生時からホームページ等で障害に対するお知らせや提言を公開してまいりました。今回それらをまとめ対策として解説することで、お客様のクラウド環境最適化に寄与できると考え、この度レポートの公開に至りました。


本ホワイトペーパーの目次は下記です。


-発生した障害の概要
-障害発生時のユーザー側の対応について
-今回の障害による影響はMulti-AZ構成で回避できたのか
-Multi-AZ構成にできないシステムはどうすべきか
-可用性向上のためのマルチリージョン運用の必要性
-サーバーレス構成は障害対策として有効か
-障害に対応するために必要な社内体制

資料ダウンロードはこちら:
http://info.serverworks.co.jp/l/310441/2019-09-04/cwmjk6

TOPへ
お問い合わせ

導入のご相談・お問い合わせはこちら