【東京】4/21(木)次世代データ保護プラットフォーム『Druva』のソリューションアップデートセミナーに登壇します

2016年4月21日に開催のセミナーでクラウドインテグレーターが考える次世代のデータ保護について、Druvaの具体的な活用方法を混じえながら、当社の松本がお話しいたします。

セコイア・キャピタルからも出資を受け米国シリコンバレーで最も急速に成長している次世代データ保護/カバナンスソリューションを提供するスタートアップ企業であるDruva(ドゥルーバ)社 創業者兼CEOのJaspreet Singh氏とビシネスバートナー各社様から、Druva社ソリューションのアップデートをご説明するセミナーが丸の内コンファレンスセンターで開催されます。 クラウドインテグレーターが考える次世代のデータ保護について、Druvaの具体的な活用方法を混じえながら、当社の松本がお話しいたします。
※対象はDruva社の提供する各ソリューションを検討されている、又は利用されているお客様及びパートナー様となります。

【開催日時】2016/04/21(木) 13:30 〜 18:30
【会場】丸ビル 7階 丸ビルコンファレンスセンター(〒100-6307 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7階)
【定員】70名
【参加費用】無料(事前登録制)
【主催】Druva JAPAN
【お申し込み】こちらから>> http://druva-japan.connpass.com/event/28473/
【当社セッション】
17:20-17:50 クラウド専業インテグレータが考えるこれからのデータ保護(仮)
株式会社サーバーワークス:技術一課 ソリューションアーキテクト 松本 幸祐

【Druva社について】

Druvaは、CiscoやApple、Paypalにも出資していたSequoiaキャピタルやEMCも出資するUSベースのスタートアップです。 エンタープライズのお客様に、データの保護(プロテクション、セキュリティ、ガバナンス)のプラットフォームをSaaS及び、サブスクリプション・ソフトウェアで提供します。 Gartnerのエンタープライズ向けデータ保護に関するレポートでも3年連続で、総合得点一位を獲得しています。 また、グローバルでは4000社、300万台以上のエンドポイントのデータ保護を提供しています。
http://jp.druva.com/