ITPro 連載開始!はじめてのAWS、“つまずきポイント”はココだ!

ITPro 連載開始!はじめてのAWS、“つまずきポイント”はココだ!

2013年に連載され、大好評だった「はじめてのAWS、”つまずきポイント”はココだ!」。
続編の連載を6月16日から4回で掲載いたします。


Amazon Web Services(AWS)を利用していると、思わぬ事態に遭遇することがあります。
AWSを使い始めた初心者のエンジニアが、陥りやすい運用時の“つまずきポイント”をITProにて徹底解説。

第1回 [AWS運用ポイント1]   知らないうちに割高に                                                            運用編での第1回の今回は料金面でのつまずきポイントです。AWSは常に構成や利用状況を見直さないと、結果的に割高になることがある。初心者がつい、やってしまうポイントを紹介しています。
第2回 [AWS運用ポイント2]最悪の場合アカウント停止も Amazon Web Services(AWS)にはさまざまなサービスがあり、申請しないと利用できないものがあります。運用編、第2回の今回は、申請面でのつまずきポイントです。申請を怠ると、最悪アカウントの停止を言い渡されることになってしまいます。
第3回  [AWS運用ポイント3]仕様を知らないと使えない Amazon Web Services(AWS)を利用する上で知っておくべき制限事項があります。前回の「申請面でのつまずきポイント」のように、申請すれば解消する制限もありますが、ユーザーが受け入れなければならない制限があります。今回はこうした、知らないとつまずく制限事項やAWSの仕様について解説します。
第4回 [AWS運用ポイント4]メールやブラウザーに意外な落とし穴 電子メール、ブラウザー、使用マニュアル――。Amazon Web Services(AWS)を運用していると、AWSのサービス以外の部分でつまずくことがあります。運用編の最終回である今回は、そうした“外部環境”における、つまずきポイントを紹介します。