メンバーインタビュー

下山 裕之

MSP課

PROFILE
出身大学:筑波大学大学院 数理物質科学研究科 数学専攻
お気に入りのエリア:集中エリアでコミュニケーションエリアに近い側
使用マシン:NEC LZ550/S Windows10
今はまっているもの:バドミントン

学生時代はどんな勉強をされていましたか?

世の中の事象を統計モデルに当てはめて、そのモデルの推定をしていました。

具体的には極値理論・裾が重い分布の推定です。裾が重い分布というのは、平均から極端に離れた値が出現しやすい分布のことです。応用先としては、ある一定以上の規模の津波や地震などの災害が発生する確率の想定やリスク管理などがあげらます。研究課題は裾が重い分布のパラメータである極値指数の推定などです。PCAやICAなど多変量解析とかも結構やっていました。

なぜサーバーワークスに入社したのですか?

就活開始時期に、どこでもいいからとりあえず何かしようと思ってインターンに行ったのが、オンプレを扱っているインフラ系のIT企業でした。

ネットワーク機器などのことは全く知らなかったですが、LANやサーバーのことを聞いて単純におもしろそうだと思いました。それを機に普段当たり前のように使っているIT機器の仕組みとかをちゃんと理解したいと思うようになり、ネットワーク・サーバーなどのインフラ系に興味を持ちました。上記の前提で、たまたま行ったアカリクのIT企業合同説明会でサーバーワークスのブースで説明を受けて、事業内容や会社の雰囲気的にサーバーワークスで働きたいと思い、選考に進みました。風通しの良さそうなベンチャー気質の会社がよかったです。

いまどんな仕事をしているのでしょうか

お客様に提供したITインフラを、クラウドに特化した運用・保守・管理を行っている、関連会社さんと連携して保守・運用をしています。お客様や、インフラを構築した技術課のメンバーとその会社の橋渡しをすることが今は多いです。

どんな人がサーバーワークスに向いていますか?

好奇心が強い人や、自分の得意分野を活かして何か面白いことがしてみたい人が向いていると思います。
サーバーワークスでは、新人であろうと、手を挙げれば自分の意見を自由に言うことができます。もちろん、全てが通るわけではありません。しかし、自らの意思で「面白いこと」をしようとする意欲があればそれは尊重されます。そうした風通しの良さがマッチする人にとっては、サーバーワークスは良い職場だと思います。

学生さんへメッセ-ジ

よく言われるように会社選びには正解はないと思います!仕事はあくまで手段なので、目指すライフスタイルにあてはめられる仕事を探すと良いと思います。その上で、サーバーワークスが面白そうだと思ったら、是非来てみてください。


私たちと一緒に
働きませんか?

募集要項はこちら