クラウドファイルサーバースターターパック

管理負担を劇的に軽減ファイルサーバーをクラウド環境で

ファイルサーバーで
このような悩みを抱えていませんか?

・ファイルサーバーをクラウド環境で使用したい
・ファイルサーバーの管理を楽にしたい
・大容量のデータを使っているがコストダウンを図りたい
・外出先からファイルにアクセスしたい
・セキュリティの確保は絶対だ

そんなお客様に、Amazon Web Services(AWS)のVPC環境にファイルサーバーをご用意いたします。


管理者負担を劇的に軽減、
ファイルサーバーをクラウド環境で

コスト削減と強固なセキュリティを担保。
これまで通りの操作性でファイルサーバーにアクセスできるサービスはクラウドファイルサーバースターターパックだけ。

分かりやすい操作性

ファイル共有の基盤にはWindows Serverを利用しますので、エクスプローラーからネットワークドライブを見るというこれまでのWindowsファイルサーバーの管理方法が継続できます。

管理のしやすさ

・お客さま管理のActiveDirectoryドメインコントローラーにファイルサーバーを参加させる形になりますので、ドメイン参加ユーザーのアクセス管理も可能です。
・ディスククオーターを設定し、各ユーザーに割り当てられたハードディスク容量の上限を決めることができます。

コスト削減

・ストレージ容量は、割り当て容量とは関係なく、使った分のみ課金
・物理ストレージのメンテナンス不要
・バックアップの手間不要
・ハードディスクや容量の追加、買い換えの負担にさよなら

自動バックアップ(オプション)

1日1回、5世代でファイルサーバーのバックアップを取得します。

安心のセキュリティ

・本サービスで利用するサーバーはAmazon VPC内に展開されますので、ローカルIPアドレスしか付与されず経路上のセキュリティを確保することができます。
・VPC環境はお客様毎に構築しますので、必要に応じてファイルサーバー以外のサー バーを展開することも可能です。


作業範囲

・Amazon VPC内に、お客様専用のファイルサーバーを構築します。(Windows Server 2012を利用)

・ファイルサーバー障害切り分け・サポートサービス(平⽇10時 – 19時)
※AWSとのVPN接続には、当社が提供する「VPCスターターパック」をお勧めします。

・課金代行
AWSの実費を日本円に変換し当社からお客様へご請求します。
Amazonサポートへの加入となりますのでAWSに関わる不具合において、一元的に当社窓⼝として貴社環境を把握したサポートを⾏い、必要に応じてAWSへエスカレーションすることができます(24時間365日対応)
※サーバーワークスエンジニアの作業が必要な場合は、別途費用が発生いたします。


お問い合わせ

クラウドファイルサーバースターターパックに関するご相談・お問い合わせはこちらのフォームにて受け付けております。

送信後、2〜3営業日内に担当営業よりご回答差し上げます。
 * マークのついている項目は必須入力です。



初期費用と月額費用

初期費用
¥280,000

【オプション初期費用】
追加ディスク (追加1回につき):¥48,000
Storage Gatewayオプション :¥ 48,000

月額費用
¥28,000/月+AWS利用料

・本サービスの利用には、利用する拠点とAWSとをVPNで接続する必要があります。AWSとのVPN接続には、サーバーワークスが提供する「VPCスターターパック」をお勧めします。
・本サービスで利用するWindowsファイルサーバーは、顧客ネットワークのActiveDirectoryドメインに参加する必要があります。
・ストレージ容量は10TiBまでを1TiB刻みで選択可能です。
・バックアップは毎⽇日差分で取得されます。
・バックアップに要したディスク容量も、契約のディスク容量を利用します。
・その他オプションもございます。別途お問合せください。

※基本構成の中に1TiBまでのストレージ容量量と1TiBまでのダウンロード容量が含まれます。
※別途pieCeのご加入が必須となります。

お問い合わせ

クラウドファイルサーバースターターパックに関するご相談・お問い合わせはこちらのフォームにて受け付けております。

送信後、2〜3営業日内に担当営業よりご回答差し上げます。
 * マークのついている項目は必須入力です。