ディスクロージャー・ポリシー

当社は「透明性の高い経営の実現」を目指し、株主・投資家を始めとするステークホルダーの皆様からの情報開示のニーズに応えるため、迅速、正確かつ公平な情報開示を実行いたします。
また、その継続により経営の透明性及び当社の信頼性を高め、基本方針として社内外に周知するとともに適正な基準、方法及び体制で実行するために、当社のディスクロージャー・ポリシーを以下のとおり定めます。

1. 情報開示の基準

当社は、会社法、金融商品取引法その他諸法令並びに上場取引所の「有価証券上場規程」に定める会社情報の適時開示に関する規定(以下、「適時開示規則」といいます。)に従って情報開示を行います。投資判断に重要な影響を与える決定事実、発生事実及び決算に関する情報が生じた場合には、適時開示規則の基準に沿って迅速に開示するとともに、適時開示規則に該当しない場合でも、投資判断する上で有益と認める情報を積極的に開示します。
なお、個人情報、顧客情報及び関係者の権利を侵害することになる情報につきましては開示しません。

2. 情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、適時開示情報伝達システム(以下「TDnet」)を通じて、東京証券取引所のWebサイト(以下「取引所Webサイト」)にて公開しています。
また、当社は、当社Webサイトを株主・投資家の皆様に対する重要な情報発信源のひとつと考えており、適時開示規則に該当しない情報につきましても広く掲載します。ただし、当社Webサイトには当社が開示している情報が全て掲載されているとは限らず、他の方法で開示された情報とは異なった表現をしている場合もあります。

3. インサイダー取引の未然防止

適時開示規則に該当する会社情報がTDnetを通じて取引所Webサイトにて公開された時点で、インサイダー取引規制上の公表措置が完了することとなります。適時開示規則に該当する会社情報、および投資判断に影響を与えると当社が判断した重要な会社情報については、取引所Webサイトにて公開された後、すみやかに当社Webサイトに当該情報を掲載することとしております。

4. 沈黙期間

当社は決算(四半期決算含む)情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期末日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。沈黙期間中は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、この沈黙期間中であっても業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い適時開示することとしております。

5. 第三者への情報開示と第三者による業績予想

当社は、公表前の重要情報や任意の開示情報が特定の投資家に限られて開示されることのないよう、当該情報に関わる社内関係者による情報管理を徹底します。機関投資家、アナリスト等との個別ミーティングでは既に公開された事実、周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境等の情報に限り言及します。
また、第三者によるいかなる当社に関するコメント、評価、業績予想等を支持することをいたしません。

6. その他

適時開示された情報については、情報の公開後できるだけ速やかに当社のホームページにも掲載することを原則としていますが、当社Web サイトは、適時開示を行った情報の一部を含め、当社が発信する全ての情報を掲載するものではありません。また、情報通信技術上の障害等により、掲載が遅れることがあります。
当社ホームページのご利用にあたっては、これらを十分にご理解頂くとともに、本ディスクロージャーポリシーに加え、別途掲載している免責事項(将来予想に関する注意)も併せてご参照願います。

FISCO企業調査レポート
TOPへ
お問い合わせ

IRに関するお問い合わせはこちら

※電話でのお問い合わせについては承っておりません。ご了承ください。