AWS運用ノウハウ紹介

クラウドならではのサーバー運用方法を知ることで、コスト削減効果を最大限引き出すことが可能となります。

目次

  • AWSの特性を活かした社内サーバーのコスト最適化
  • AWSのシステム運用に求められるセキュリティ要件
  • AWS環境でシステム運用する場合のデータ保護

この資料をご覧いただきたい対象者

  • クラウドの利用料削減に課題をお持ちの方
  • クラウドならではのセキュリティ対策について知りたい方
  • クラウド運用における適切なデータ保護について知りたい方

オンプレミスからクラウドヘの移行を考える際に重要なのは、クラウドとオンプレミスの運用の違いを押さえておくことです。

クラウドは従量課金モデルになっているため、必要な時だけ起動することで、大幅なコスト削減効果を期待できます。

例えば、社内システムや開発環境として利用されるサーバーの場合は、業務で使用しない夜間や休日は停止しておくこともできます。この運用を行うだけで、サーバー料金の3割以上を削減することが可能です。

しかしこれは、AWS上でクラウドのメリットを最大限享受するためには、オンプレミスとは異なる運用を行う必要があることを意味しています。つまり、これまではなかった「利用するときはサーバーを起動し、利用しない時はサーバーを停止する」という運用が必要になるのです。

このような運用をスマートに行うためには、どのような方法が考えられるでしょうか。

必要事項記入後、資料は自動でダウンロードされます。

TOP