ウィズコロナ・アフターコロナ時代のテレワーク実践ガイドブック

サーバーワークスの代表 大石が「テレワークを効率よく実現するためのベストプラクティス」をお伝えします。

目次

  • テレワークの重要性の再確認
  • 会社とは何をするところなのか?
  • 当社のアプローチ
  • 再流行に備えるための「Lift-and-Shift」戦略
  • セキュリティ
  • 仮想デスクトップ
  • なぜ仮想デスクトップサービスがテレワークのセキュリティ基盤として有効なのか?
  • テレワークに仮想デスクトップサービスを用いる利点
  • テレワークを円滑に進めるポイント
  • アクションプラン
  • まとめ

この資料をご覧いただきたい対象者

  • 自社でテレワークの導入や準備が必要な状況になった企業経営者
  • 幹部(取締役、CxO、情報システム責任者、総務責任者、人事責任者など)

本書は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)を中心としたクラウドインテグレーションを手がける株式会社サーバーワークスが、(コロナ禍の影響等で)自社でテレワークの導入や準備が必要な状況になった企業経営者、幹部(取締役、CxO、情報システム責任者、総務責任者、人事責任者など)の皆さまに対して、当社の経験や他社動向を踏まえて「テレワークを効率よく実現するためのベストプラクティス」をお伝えすることを目的としたガイドブックです。

必要事項記入後、資料は自動でダウンロードされます。

TOP