チャートとシナリオでわかるAWSコスト削減!
Savings Plan の概要

AWS利用料削減の第一歩。AWS利用料を最大72%節約できる料金プラン「Savings Plan」を解説しています。

目次

  • Savings Plan と Reserved Instance の比較
    • 比較表
    • 購入時に指定が必要な項目の比較
    • まとめ
  • 最適な Savings Plan の支払オプションを選択する
  • キャパシティ予約についての整理
    • 用語の整理
    • 比較表
    • シナリオ別:利用料とキャパシティ予約

この資料をご覧いただきたい対象者

  • AWS利用料のコスト削減にお悩みの方
  • AWS利用料の見直しを検討中の方
  • 「Reserved Instance(RI)」「Savings Plan(SP)」についてより詳しく理解したい方
  • AWS運用を担当されている方

利用中の不要なリソースを削除したり、スペックを最適化したりすることはコスト削減に有効な手段ですが、利用状況の精査や関係各所との調整に時間がかかってしまいます。

常時起動しているリソースを購入オプションで買うことで30%~70%の即効性のあるコスト削減効果が見込めるのが、「Reserved Instance(RI)」「Savings Plan(SP)」です。

本資料では、「RI」と「SP」を比較しながらポイントを整理し、最適な支払いオプションをチャート形式でご紹介。AWSリソースの利用状況から、どの購入オプションを利用するのが適切かを判断いただけます。

必要事項記入後、資料は自動でダウンロードされます。

TOP