• ホーム
  • サービス
  • AWS運用最適化サービス(カスタマーサクセスマネージャー)

AWS運用最適化サービス(カスタマーサクセスマネージャー)

  • AWSのメリットを最大に活用
  • 障害発生時の解決スピード向上
  • AWS利用料削減
AWS運用最適化サービス(カスタマーサクセスマネージャー)
こんな問題を抱えていませんか?
課題01 導入したAWSを活用しきれていない
課題02 不具合時の情報連携ができておらず、解決に時間がかかる
課題03 AWS利用料が最適かどうか全体把握ができていない

その悩み、サーバーワークスへ相談しませんか?

AWS運用最適化サービス(カスタマーサクセスマネージャー) AWS運用最適化サービスによるアカウントマネジメントで貴社AWS利用を全面サポート

貴社担当者様と密にコミュニケーションを行い運用状況を継続的に把握することで、現在抱えているAWSの様々な課題に対して中立的な立場から情報収集や分析を実施。その結果をもとにAWS利用の改善提案(運用効率化、コスト削減提案、AWSサービスの情報共有)をいたします。

point01

AWSのメリットを最大に活用

オンプレミスからAWSに移行しただけではAWSの良さを100%発揮させているとはいえません。貴社が100%AWSを活用できるよう、現在利用しているサービスから今後活用予定のサービスまで、継続的にクラウド活用をサポートいたします。

AWSのメリットを最大に活用
point02

障害発生時の解決スピード向上

貴社のAWS環境を把握しているメンバーが仲介することで、障害対応における認識の齟齬を減らし、解決スピードを向上させます。新サービス導入時は最新のベストプラクティスに沿っているかどうか、他顧客で障害が発生するような事案はないかを事前に精査し、障害を防止します。

障害発生時の解決スピード向上
point03

AWS利用料を削減

AWSの高いパフォーマンスを維持しながら、中長期的にAWS利用料の最適化を実現することでコスト削減が可能となります。「現在利用しているAWSサービスの整理」から「スケールインが必要なリソース」「削除可能なリソース」などを洗い出し、無駄なコストを削減します。詳細はこちらよりご確認ください。

AWS利用料を削減

具体的なサービス内容

インフラ構成の把握
貴社のAWSに関するインフラ構成を把握します
AWSの基本的なサービス紹介、レクチャー
貴社情報システム部門の担当者向けにBlack Belt等のAWS公式ドキュメントを用いたレクチャーを実施
定期的なAWS情報の提供
月1回程度、最新のAWS情報をご提供します
作業内容チェック
貴社作業における作業内容をチェックし、必要に応じてアドバイスも行います
AWSに関する情報の提供
当社ノウハウに基づき、貴社の実情に合わせて適切なAWS情報をご提供します
最適化アドバイス
月1回程度対面でのミーティングを実施し、現環境の最適化についてアドバイスします
障害時の仲介
必要に応じて、障害時に貴社環境を把握しAWSとの仲介役を担います
調査サポート
障害時、AWSレイヤーにおける調査を支援します

Savings Plan の概要

Savings Plan の概要をまとめ、コスト削減を実施する上で知っておきたいポイントを取りまとめています。

ADVANTAGE選ばれる理由

満足度90%以上

人と企業に寄り添うクラウドインテグレーター

上位0.3%

世界で2万を超えるAWSのパートナーから上位0.3%が認定される最上位パートナー

唯⼀の東証⼀部上場

プレミアコンサルティングパートナーのクラウド専業で唯一の東証一部上場

CASE STUDY導入事例

サーバーワークスをご利用いただいたお客さまの事例をご覧ください

11,000
プロジェクト

導入実績
930

ワンストップ
対応

AGCのAWS導入事例
KOKUYOのAWS導入事例
FamilyMartのAWS導入事例
pal*systemのAWS導入事例
みずほ銀行のAWS導入事例
NTT SMILE ENERGYのAWS導入事例
YOKOGAWAのAWS導入事例
Valuence TechnologiesのAWS導入事例
TOiNXのAWS導入事例
株式会社 全農ビジネスサポートのAWS導入事例

Technological capability技術力の証である膨大な情報発信

AWS公認の国内トップエンジニア含む
プロのエンジニア集団

クラウド専業と技術力があるからこそできる、
膨大な情報発信

CONTACTお問い合わせ

AWS導入やシステム開発に関するご相談はこちら

03-5579-8029 10:00〜19:00(土日祝は除く)

AWSに関連する資料をダウンロードできます

資料ダウンロード

イベント・セミナー情報


TOP