あなたの会社、こんな問題抱えていませんか?

業務フローが共有されていない
プロジェクトの決定や進行に時間がかかりすぎる
業務フローが共有されていない
子育てで離職してしまう社員が多い
地方のメンバーとコミュニケーションがとれない
資料が多く、探すだけで時間がかかってしまう
社歴が長い社員、役職持ちの意見ばかりが尊重される

最近、多くの企業で注目を集めている、「はたらきかた改革」。
ツールの導入やオフィス環境を変えることで、はたらく上での課題の一部を解決することができます。
しかしながら、全社的にはたらきかたを変えることは容易ではありません。
私たちサーバーワークスはそのことにいち早く気づき、何度も試行錯誤を重ねてきました。
現在多くの社員のフィードバックを反映してつくられたオフィスは、今日、多くのお客様にご覧いただいております。

はたらきかた改革により進化したサーバーワークスの今

サーバーワークスが改善を重ねてきたことで得た結果をインフォグラフィックでご紹介します。

社員のリモートワーク経験
社員のリモートワーク経験社員のリモートワーク経験
  • 離職率の減少
    離職率の減少
  • プロジェクト実績数増加
    プロジェクト実績数増加
  • 子育てをしている社員
    子育てをしている社員
  • 東京都外で活躍している社員
    東京都外で活躍している社員

はたらきかた改革を成功に導くサーバーワークスのマインド

「クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく」という私たちのビジョンは、
単に言葉として掲げているわけではありません。
私たち一人ひとりがそのビジョンを実際に体現しています。
現状に満足することなく、業務改善のために立場関係なく、新入社員も意見を発信しています。
「今までがそうだったから・・・」という理由で意見が否定されることはありません。
「クラウドの技術やノウハウを、会社のため、社会のために活用したい」
という想いを社員全員が持ち続けています。

現在のサーバーワークスを作り上げてきたのは、会社や他のメンバーのためになる新しい仕組みづくりを積極的に推進する文化です。
はたらきやすい環境を実現するためには、ツールを導入するだけでなく、
それらのツールを活用しようとする風土をつくることが重要なのです。


メッセージ

はたらきかた改革で成功した、
サーバーワークスの社内制度・環境

「クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく」というサーバーワークスのビジョンを支える社内制度の一部をご紹介します!

  • 社内制度
  • 環境

成果にフォーカスした、人事制度

サーバーワークスでは、「成果」が評価基準の1つとして定められています。人によって生産性が向上する環境は様々です。私たちは生産性を上げ成果を出すために、多種多様な勤務体系が認められています。

■人事評価(成果を基準とする評価制度)
「スピード」「成果」「オーナーシップ」「顧客視点」の4つの観点で評価します。自他ともに納得できる評価ができるよう、フィードバックに時間をかけて丁寧に行います。
■障害報告(障害DBに登録し、改善案を全員で討議)
誰が失敗しても叱責はしません。そのかわり、同じ失敗を繰り返さないために何かあった時は素早く障害を報告し、どうやって改善できるかをチーム、そして会社全体で考えます。
■MVP(賞賛するべき行動を毎週表彰)
サーバーワークス4つの行動指針を体現した社員を代表の大石が毎週表彰します。これは、自分の行動を誰かが必ず見てくれていることを実感できる場でもあります。

BYOD (Bring Your Own Device)制度

エンジニアは職人です。私たちは職人は最も使い慣れた道具を使うことによって最大のパフォーマンスが発揮されると考えています。そこで、自分自身でチューンアップした端末を使ってもらうために、個人のPCやスマートフォン、タブレットなどを会社に持ち込み、業務で使うこと(BYOD=Bringyour own device)を推奨しています。

社内はフリーアドレス

エンジニアでもお客様と会ってお話しすることが数多くありますし、新しいサービスの企画をすることもあります。新入社員のトレーニングをすることもあれば、ミーティングを通じて社内のオペレーションを日々改善することもあります。
「集中」と「コミュニケーション」を両立するために出した一つの答えが、こうしたオフィスの設計です。一人で集中したいとき、メンバーと会話したいとき、複数人で大掛かりな作業を行うとき...気分やシチュエーションに合わせて、自由に場所を移動することができます。

環境音

全社員が気持ちよく働けるために、社内の「音」にも気を配っています。科学的なデータなどから、自然の中の鳥の鳴き声や雨の音、滝の音、虫の鳴き声などの 環境音をかけておくことが、集中して業務に当たるには良いということがわかりました。そこで、私たちは社内のBGMに環境音を取り入れています。

コミュニケーションツール

場所にとらわれず、気軽かつ密なコミュニケーションを実現するため、サーバーワークスでは社内SNSとしてSlackを活用しています。APIを使った便利なコマンドやbotなどを社員自ら開発したり、他のサービスと連携してオペレーションを効率化したりという取り組みが積極的に行われています。

社内勉強会

全員、何かのプロフェッショナル。スキルセットを広げたり、技術力を向上させるために、エンジニアだけに限定せず、個人の得意な分野のノウハウを掘り下げて共有する社内勉強会を開催しています。

  • 社内制度
  • 環境

サーバーワークスの事例をもっと詳しく見る

サーバーワークスの事例をもっと詳しく見る

多様なはたらきかたをする
サーバーワークスの社員

サーバーワークスの社員は、多種多様なはたらきかたをしています。それぞれの生活に合わせて柔軟にはたらく社員の1日をご紹介します。

詳しく見る

サーバーワークス
はたらきかた改革の軌跡

サーバーワークスは様々な壁にぶつかりながら、常にはたらく環境の改善に取り組んできました。
サーバーワークスが今まで取り組んできた挑戦の一部をご紹介いたします。

詳しく見る

体感!VRでオフィスツアー!

VRでサーバーワークスのオフィスを覗くことができます。私たちがどのようなオフィスで働いているのか体感してみてください。

詳しく見る

実績紹介

Marubeni

丸紅株式会社様

「低コスト」「高柔軟性」「高セキュリティ」という条件を満たすため、WorkSpaces・Office365に加え、アカウント管理の複雑さを解決できる補助サービスを併用し、オフィスIT環境を構築しました。

詳しく見る
YAMAHA

ヤマハ発動機株式会社様

「本体コスト、維持コストの低さ」、「Windows OSライセンス費用の低さ」、そして「バージョンアップからの解放感」この3つがWorkSpaces導入を決めた理由。「バージョンアップのない世界は素晴らしい。みなさんもぜひ!」と言いたいです。

詳しく見る

多様性を支えるツール

多様性のあるはたらきかたは、「時間」と「場所」に縛られずに仕事ができることだと考えています。
「時間」と「場所」から解放されるためには、クラウドは必須のツールです。
サーバーワークスの理想のはたらきかたは、様々なツールを効果的に使うことで実現しています。
その中でも最も必須と言えるツールが Amazon WorkSpacesです。
仮想デスクトップサービスであるAmazon WorkSpacesを利用すれば、場所を選ばず業務データにアクセスが可能。
「時間」と「場所」から解放され、それぞれの生活に合わせたはたらきかたを実現することができます。

Amazon WorkSpacesAmazon WorkSpaces

詳しく知る

オフィスツアーから始める
はたらきかた改革

はたらきかた改革にご興味のある皆様、まずはサーバーワークスにお越しください!
今ならオフィスツアー参加者はAmazon WorkSpacesを1週間お試しできます!

オフィスツアーから導入までの流れ

オフィスツアー

サーバーワークスのオフィス環境を、オフィスツアーにてご紹介します。

ワークショップ

貴社のはたらきかたに対して障害となっている課題をワーク形式で探し出します。

Amazon WorkSpacesお試し

Amazon WorkSpacesを中心に、貴社の状況に沿った職場環境をお試しいただけます。

Amazon WorkSpaces導入

お試しにより本格導入が決定しましたら、コンサルタントを交えご支援させていただきます。

TOP